先人の知恵を活かす体にやさしい健美食

2018-06-01 07:56:15

「米と味噌汁は日本の食文化の基本で、米か生まれる発酵食も昔からある食べもの。安心安全な食材を使った日本食を次世代に繋いでいきたい」とオーナーの蒲生芳子さん。築110年の持永邸を利用したカフェでは、“伝統の日本食を味わう”をコンセプトにした町家お昼ご膳1080円を提供。自家菜園や地どれの野菜、味噌や麹など自家製発酵食材を使った10品以上の料理が並びます。 料理にはアヒル農法で育てたえびの産ヒノヒカリを使います。霧島連山の麓・吉之元町の湧水を使い、ヒナから田に放つことで、虫類を食べ、その糞が肥料になり、成長して泳ぎ回り豊かな土を作る働きをします。収穫後はアヒルも食材として利用。無駄なくいのちをいただくのです。

営業時間10:00~15:00
店休火・水曜日

駐車場20台
席数50席

交通谷頭駅より車で6分


店名町家カフェ もちなが邸
住所宮崎県都城市庄内町12625
電話0986-37-0002

NewArticle

新着記事

記事一欄に戻る